キレイモの脱毛部位は顔を含めた全身33ヶ所

キレイモの脱毛部位は顔を含めた全身33ヶ所

自分では気づかないような目の届かない部位や、手の届かない脱毛部位まで細かくチェックし脱毛施術を施してくれるのが脱毛サロンの特徴ですが、そんな脱毛サロンにも脱毛する部位の種類に違いがあるのを知っていますか?

 

全身脱毛専門サロンKIREIMO(キレイモ)の脱毛部分

全身脱毛専門のキレイモとその他の脱毛サロンとを比べてみると分かるのですが、全身脱毛の脱毛部位が33ヶ所ととても多いのが特徴となっています。

脱毛全33ヶ所

お顔部分 鼻・鼻下・もみあげ・両ほほ・あご・あご下・おでこ
上半身部分 両ワキ・お胸・乳輪周り・お腹・おへそ・手の甲・手の指・うなじ・肩・背中(上・下)・ひじ・二の腕・前腕部分
下半身部分 Vライン(上部分・サイド・ライン部分)・Iライン・Oライン・尻・腰・両ひざ・太もも・ふくらはぎ(すね)・足の甲・足の指
脱毛部位の注意点

※キレイモでは眉上は施術可能ですが、お客様の安全に配慮するため眉の下(まぶた部分)の脱毛施術は行っておりません。
該当部位に関して、脱毛サロンでの施術は基本的に不可としているサロンがほとんどであるため、希望の際は脱毛専門のクリニックでの施術をお勧めしています。

 

上記にもあるように、キレイモでは多くの部位を脱毛して頂けるシステムプランをご用意しておりますが、各所ごとに希望の部位だけを選んで脱毛していただけるカスタマイズプランをご用意しています。
カスタマイズプランに関してはお客様の現在の脱毛状況をカンセリングし、最適な料金プランをご提示することで無駄な料金などの発生を抑えて施術いただけるお得な内容となっています。

カスタマイズプランに関しては、お電話での料金のご提案はできません。

店舗で専門のカウンセラーによる診断後に、お客様への料金のご案内となります。

選べる脱毛エステの画像

キレイモの脱毛箇所についてはお分かりいただけたと思いますが、実際に他の脱毛サロンと比べるとどうなのか?
ここではミュゼプラチナムやTBCなど大手と呼ばれている脱毛サロンと脱毛可能な部位を比較し紹介していきます。

 

美容脱毛サロン ミュゼプラチナム

ミュゼ

エステ・脱毛 エステティックTBC

TBC

脱毛サロン KIREIMO(キレイモ)

銀座カラー

全身脱毛 脱毛部位は22ヶ所

お顔の部位
鼻下・あご
上半身の部位
両ワキ・襟足・乳輪周り・胸・お腹・背中(上下)・両ひじ・へそ周り・両手の甲・両手の指
下半身の部位
両ヒザ・両ヒザ上・両ひざ下・ヒップ・腰・トライアングル上下・Iライン・Oライン・両足の甲・両足の指

全身脱毛 脱毛部位は24ヶ所

お顔の部位
ひたい・まゆ・鼻下・ほほ・アゴ・アゴ裏
上半身の部位
襟足・両ワキ・胸(センター・乳輪周り)・お腹(へそ周り)・背中(上下)・両ひじ(上下)・両手の甲・両手の指
下半身の部位
両ヒザ・両ヒザ上・両ひざ下・ヒップ・腰・トライアングル上下・Iライン・Oライン・両足の甲・両足の指

全身脱毛 脱毛部位は22ヶ所

お顔の部位
顔・もみあげ・鼻下・口下
上半身の部位
両ワキ・胸・乳輪周り・お腹・えり足・背中・ひじ上・ひじ下・手の甲・手の指・へそ周り
下半身の部位
へそ下・腰・ヒップ・Vライン・Iライン・Oライン・ひざ上・ひざ下・足の甲・足の指

キレイモの脱毛は痛くないって本当なのか?

ご自宅で脱毛することが多い方は知っていると思いますが、ご自宅で脱毛するには脱毛方法というものが限られてきます。
こちらではご自宅で脱毛する方法の種類と特徴を紹介したいと思います。

 

カミソリの画像

カミソリを使った方法

メリットとしてあるのが、痛みが無いこととコストパフォーマンスに優れていることが言えるでしょう。ただしカミソリを使った方法は全身に利用できますが、手の届かないところや普段気にしない部分の剃り残しなどがあったりするので注意が必要です。また基本的に剃毛となるため永久脱毛とは全く違ったジャンルの方法となります。

 


 

毛抜きの画像

毛抜きを使った方法

毛抜きを使った脱毛方法としてのメリットとして誰でも簡単にできる価格の安さが一番の利点としてあります。さらにカミソリで剃った場合に比べると毛が伸びてくる間隔は長めとなっているのも特徴ですが、最大のデメリットとしてかなり痛いということが言えます。またケアを間違えると最近による炎症を引き起こす恐れもあります。

 


 

クリームの画像

除毛クリームを使った方法

除毛クリームという商品を使った脱毛方法があるが、脱毛したい箇所にクリームを塗り毛を溶かしていく脱毛方法になります。痛みはほとんどありませんが、お肌が敏感な方はクリームが合わずに肌が赤く変色してしまったり火傷のような痛みを感じることもあります。お手軽な方法なのですが、パッチテストをした後に使用することをお勧めします。


 


 

ワックスの画像

ワックスを使った方法

最近では芸能人が利用していることでメージャーな脱毛方法としての地位を築いているのが脱毛ワックスを使った脱毛方法ですが、毛を一気に抜き取る施術方法からくる痛みゆえに多くの方がサロン等で痛み止めを飲みながら利用してることが多いという実情があります。ご自宅での施術はあまりお勧めできない方法です。


 


 

家庭用脱毛器の画像

家庭用脱毛器を使った方法

家庭用の脱毛器を使って脱毛をする女性も増えてきていますが、どうしても脱毛機器のお値段が高いのが気になるところです。種類も光を照射するフラッシュ式やレーザー式タイプと毛を焼いて脱毛するサーミコン式に分かれますが、どちらも2万円から3万円以上の価格になります。
光照射タイプだと専用のカートリッジを追加で購入する場合もあります。サーミコン式の場合は火傷に注意が必要で、できれば専門の脱毛サロンでの施術をお勧めしたいところです。

 

お肌に負担なく脱毛をしたいなら脱毛サロンがお勧めです!

脱毛したくても『裸を見られたくない!』とか『料金が高いと聞いて行きたくても行けない!』という声をよく耳にすることがありますが、脱毛サロンのキレイモではお得なカスタマイズ脱毛など自分の希望する部位だけの脱毛も可能となっています。
裸を見られるのが恥ずかしいなら、人に見せてもOKな部位までの脱毛でいいのではないでしょうか?水着などを着たときに見える範囲だけを脱毛するカスタマイズ脱毛なら料金も少しお安くなるように、専門カウンセラーがカウンセリング後に提案しています。

 

無料カウンセリングはこちら